ご挨拶

 

株主の皆様には、日頃より格別のご支援を賜り、誠に有難うございます。

さて、弊社は今年創業50周年を迎えることができました。

創業者の熊谷眞一が、間口1間半の店を起こしてから50年。その間、「贈答用ラスク」のジャンルを日本で初めて開拓してラスクブームを巻き起こし、株式上場を果たすなど、企業として成長発展することができました。

これは、株主の皆様をはじめ、ご愛菓いただきましたたくさんのお客様、そして礎を築いてくれた先人のお陰であり、心から感謝申し上げます。

一方、現在の弊社はまだまだ夢の途中にあります。私が経営のバトンを引き継いでから1年がたちました。経営環境の変化は激しく厳しいものがあり、基本重視の様々な変革に取組みましたが、体の筋肉にも「不随意筋」があるように、全ての筋肉を思い通りに動かすことができませんでした。

しかし、「急がば回れ」のとおり、一見遠回りに思われるようでも、基本や原点に返ることが目標に近づく最も確実な方法と信じております。

従って、創業50周年を「再創業」と位置づけ、新しく生まれ変わって夢の実現に邁進して参りますので、株主の皆様には変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社シベール

代表取締役社長 黒木誠司