イチゴの果肉ゴロゴロ手作りジャム

イチゴの果肉ゴロゴロジャム

こんにちは。
クリスマスも終わりましたね。
今年も街中には幸せそうなカップルばかりでした。
別れ際なのでしょうね、駅の改札前で抱き合う二人。
仕事帰り、危うく終電を逃すクリスマスでした。
え?全然羨ましくねぇから(ノω・、)!!!!!

クリスマス、皆さんはご家庭でクリスマスケーキ作られましたか?
ケーキにはやっぱりこの果物!そう、イチゴ

 

スーパーに並び始めるこの時期お買い求めの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのまま食べても美味しいいちごですが、今回は少し手を加えて、ジャムにしてみました!

ジャムは手作りだとすごく美味しいんです。

用意するもの

イチゴ 1パック(約200g)
グラニュー糖 150g
レモン汁 10g

作り方

①イチゴをサッと水洗いし、キッチンペーパーなどで軽く水気を切り、ヘタを切り落とします。

②グラニュー糖、レモン汁と合わせて冷蔵庫で一晩寝かせます。

②’一晩寝かせるとイチゴから水分が出てきます。

③鍋に移して中火にかけます。アクが出てくるのでしっかり取り除いてください。

④焦げないように混ぜ続け、103℃~104℃になったら火からおろして冷まします。

⑤冷めたら完成です。熱湯殺菌したビンなどに詰めて保存してください。

個人的な好みですが、素材の果肉は潰さずゴロゴロ入ったジャムにしました!
果肉食感が苦手な方は煮詰める際に木べらなどで潰してください。

 

~ちょっとしたイチゴ知識をご紹介~

 

イチゴと言えばビタミンC
このビタミンCは風の予防や疲労回復だけでなく美肌効果にとても役に立ちます。
そしてアントシアニン
これは眼精疲労回復視力回復に有効と言われています。
その他、様々な栄養を含んでいますので、この機会に調べた上で食すのもいいかもですね!

お世話になっているイチゴ農家さんから聞いた話なのですが、
イチゴが甘くて美味しいのは12月~2月なのだとか。
春先のイチゴ狩りのシーズンはよく採れるものの甘さに欠けるところがあるそうです。
(※品種や産地、生産者によって異なると思いますが・・・。)

手作りだと本当に美味しいジャムができます。ラスクとの相性もバッチリなので、ぜひ1度作ってみて頂きご賞味ください!