林檎と白ワインのジャム

皆さん、クリスマスお正月にシャンパンやワインなど購入されて飲みきれずに余ってませんか?
私は調子に乗って買いすぎて、後悔することが多々あります・・・。
未開封なら問題ないですし、バキュバンなどの空気抜きがあれば保存が効くのですが、そんな高いワインでもないし必要ないやって買わなかったりしますよね(;・∀・)

そこで今日は、余ってしまったワインを使った、ラスクにぴったり『林檎白ワインジャム』の作り方をご紹介!

用意するもの

リンゴ(ジョナゴールド) 1個(皮と芯を除いて250g)
グラニュー糖 150g
レモン果汁 30ml
白ワイン 45ml

作り方

①りんごの皮を剥き、芯と種を取り除いてカットする。
※8等分を3枚にスライスして、1cm感覚で切っていく。
 (最後に潰すので、ある程度大きさが揃っていれば問題ありません!)
 

②グラニュー糖とレモン果汁を加えよくなじませてから、2時間冷蔵庫で寝かせる。

③リンゴから水分が出てきたのが確認できたら、白ワインを加え、鍋に移し火にかける。
 

④アクが出てくるのでこまめに取り除く。

⑤103~104℃まで上がれば火を止め、ゴムベラを立てて上下し、りんごを切るよに潰す。
 

⑥粗熱をとったら完成。
 

☆リンゴの食感が楽しみたい方は、切る時にお好みの大きさにカットし、潰す工程を省いてください!

 

リンゴは万能果物!

他の果物に比べて、飛び抜けて豊富な栄養素はありませんが、ビタミンミネラルは全般的にバランスよく含まれています!
そして、リンゴは中性脂肪の上昇を抑える効果を持っていますので、動脈硬化糖尿病高血圧などの病気の予防にもつながります。
また、強い抗酸化作用を持っていますので、老化防止美肌にも効果的です!

他にもさまざまな栄養を持っていますが、私が知ってるのはこれくらいです(笑)
その他、気になられた方は専門のサイトでリンゴについて調べてみてください!

今回はリンゴ×白ワインでしたが、巨峰×赤ワインのジャムとかでも美味しいと思いますのでぜひ余ったワインがあればお試しあれ( ̄∀ ̄*)☆