ピクニックに!ほうれん草のキッシュ

こんにちは!

暖かくなってきましたね!やっとコートからジャケットに変えて出勤してます。
休日は公園などで家族連れが楽しそうにお弁当食べてるのを見て、のほほんとした気分になってます。私も早くああなりたい(o ̄∇ ̄o)♪

今日はそんな家族連れが食べてそうな、ピクニックにも持っていける『キッシュ』をご紹介!

用意するもの

・ブリゼ生地

強力粉 125g
薄力粉 125g
バター 150g
卵(Mサイズ) 1個
牛乳 20ml
グラニュー糖 20g
4g

・アパレイユ、具材

卵(Mサイズ) 2個
生クリーム 150ml
牛乳 70ml
パルメザンチーズ 50g
適量
ブラックペッパー 適量
新たまねぎ 1個
ほうれん草 2束
ベーコン 1パック

作り方

・ブリゼ生地

①バターを1cm各の細かいサイコロ状にし冷蔵庫でしっかり冷やす。

②卵、牛乳、グラニュー糖、塩を合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。

③強力粉と薄力粉を合わせてふっておく。

④粉にバターを加え、両手でバターと粉をすり合わせ、バターを細かくする。
※細かくなったバターの表面に粉がまとわりついているイメージです。
 

⑤冷やしておいた②を加えて、ゴムベラでさっくり混ぜ、まとまったらラップで包んで冷蔵庫で3時間~半日寝かせる。
 

⑥麺棒で厚さ5ミリほどまで伸ばし、タルト型に敷く。
※余分な生地は、タルト台の上で綿棒を転がすとキレイに取れます。
 

⑦フォークでピケして、冷蔵庫で2時間寝かせる。

⑧タルトストーンを敷いて、200℃のオーブンで15分焼き、タルトストーンを外して5分焼く。
※生地の淵がほんのり色ずくまで焼く。
 

・アパレイユ、具材

①玉ねぎは5ミリ程にスライスして、フライパンにオリーブオイルをひき、しんなりするまで炒める。
 

②ほうれん草は下茹でし、水気を切って4cm程にカットする。
 

③ベーコンは1cm程にカットする。

④卵をよく溶きほぐし、牛乳、チーズを加えて混ぜ合わせ、塩とブラックペッパーで味付けする。
 

⑤先ほど空焼きしたブリゼ生地に具材を並べて、アパレイユを9分目まで流す。
 

⑥200℃のオーブンで20分焼く。

春のお出かけの1品の完成です☆(:3 」∠)

 

ほうれん草から鉄分摂取!

ほうれん草にはレバーと同じくらいの鉄分が含まれています。この鉄分は赤血球を作る働きをしてますので貧血予防に効果的です。日本の女性の2割もが貧血であると言われています。疲れやすいなど、貧血の症状がでたらほうれん草から鉄分補給してください!

 

今回は少し手の込んだ料理をご紹介しました。
これからも、ラスクに合うものラスクを使ったものは簡単でお手頃なものから複雑なものまで何でもご紹介していきます(`・∀・´)