厚さ吹き飛ぶ!バニラアイスクリーム!

こんにちは。

夏本番。我が家の製氷機と麦茶ポットは常に枯渇問題です・・・。
暑すぎて何もしたくない。冷房効かした部屋でごろっと寝転がってたまにお茶飲む、みたいな生活です(笑)

夏と言えばアイスですよね!(冬に食べるアイスもこれまた格別ですが、それはさておき(:3 」∠)
確かに美味しいアイスクリームは惜しいです。赤紫色のカップに入ったアイスクリームなんか特にね(笑)
けど、美味しいものほどお値段に比例します・・・。ですからお腹いっぱいにはならない(´・ω・`)

そんなことなら、美味しいアイスクリームを好きなだけ作ろう!
はい、今日は赤紫色のカップに入ったあいつにも負けないバニラアイスクリームの作り方をご紹介!

用意するもの

卵(Mサイズ) 3個
グラニュー糖 70g
生クリーム(47%) 200ml
グラニュー糖 20g
バニラエッセンス 適量

作り方

①卵とグラニュー糖(70g)をボウルに入れ、湯煎にかけながら混ぜる。

②白っぽくとろっとしてきたら湯煎から外しバニラエッセンスを加え、冷ましておく。

③生クリームとグラニュー糖(20g)をボウルに入れ、氷水に当てながらホイップする。
 

④②が冷めたら③を半量加えてゴムベラで混ぜ、ある程度混ざったら残りを食えてしっかり混ぜる。
 

⑤バットやタッパなどに移して、冷凍庫で6時間~半日寝かせしっかり固める。
 

⑥アイスディッシャーなどですくって皿に盛る。
 (写真用以外はバットのまま豪快に美味しく頂きました( ´,_ゝ`)w)

ラスクに乗せても美味しいですよ!

~知ってて損はしないアイスの分類~

アイスを購入する際、『アイスクリーム』や『ラクトアイス』という文字を見たことはありませんか?
同じように見えても、食品衛生法に基づいて種類分けされているんです!それを簡単にご説明します!

♠アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)
 乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。

♣アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)
 乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。

♥ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)
 乳固形分はさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。

♦氷菓(上記以外のもの)
 乳固形分はほとんどありません。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

いかがでしょう?おそらく皆さんが食べてみて、『濃いな~』『クリーミーだな~』と感じられるものは上2つではないでしょうか!アイスを買うときに少し気にしてみても面白かもしれませんね!