果物の女王の華麗なる歴史

初めて食べた時のことはよく覚えている。自宅の敷地にあった一本の木。秋が深まるにつれ、その実はどんどん大きくなるが、さくらんぼやりんごのようには赤くならない。

形もひょうたんのようなずんぐりとしたもの。しかし食べてみるととてもみずみずしく香りもいい「ラ・フランス」。

 

 

その名前の通り、フランス原産の洋ナシだ。発見したクロード・ブランシュという人物が、
その美味しさに感動して「わが国を代表するにふさわしい」と賛美したことからこの名前がつけられた。

日本には1903(明治36年)に入ってきたが、はじめはバーレットという品種の結実を助ける受粉樹として栽培されていたそうだ。

ゴツゴツとしたいびつな見栄えと害虫や台風の影響を受けやすいことから、食べるために栽培されてきたのではないという。当時は「みだぐなす(見栄えが悪く格好悪いもの)」というあだ名まで付けられていた。

しかし、今やラ・フランスは「果物の女王」と呼ばれ、食用だけではなく、お歳暮など贈答品としても人気が高まっている。

当初ラ・フランスは食べごろが難しい果物で、なかなかその美味しさを伝えるのが難しかった。それを裏付けるように、昔栽培者が実った果実を食べようとしたが、石のように固くて美味しくなかったため捨てておいたそう。

しかし数日後に黄色く色づいていい香りがしてきたため、拾って食べてみたところ、その美味しさに驚いたそうだ。

もしかしたら「私は本当は美味しい果物なのよ」と香りを発して教えたのかもしれない。それがなければ、この時季の食卓にラ・フランスが上ることもなかっただろうし、海外へ売り込まれるほどの高級果物にもなっていなかっただろう。

果物は不思議な力を持っているものだ。
そんなエピソードもあり、山形県の栽培者の間で、収穫後一定期間置く追熟が行われるようになり、ラ・フランスの栽培が一気に広がったのだ。

追熟しても外見にそれほどの変化がないため、食べごろが難しいとされるラ・フランス。
食べごろのポイントは「シワ」。追熟して食べごろになると、軸のまわりに「シワ」ができるのだ。

このタイミングで食べると、芳醇な香りとみずみずしくジューシーな果汁が楽しめる。
私にとって「シワ」は一生なくてもいいものであるが、ラ・フランスにとっては毎日確認したいほど大切な「チャームポイント」でもある。うらやましい限りだ。

生食としてそのま食べるのももちろん美味しいが、シベールのラスク(プレーン)の上にスライスしたラ・フランスを乗せてキャラメリゼしても美味しい。

ラスクのサクッとした食感とラ・フランスのクリーミーな食感が楽しめ、ちょっとしたデザートとしてもおもてなしの一品としても見栄えがいい。

口の中にさわやかな甘みとほどよい酸味が広がり、食べた人を女王様気分にしてくれる
夢見心地の美味しさなのだ。