●お役立ち情報●プチギフトにぴったり!お花の作り方

結婚式のお見送りの際にお渡しする“プチギフト”

ちょっとしたお菓子をお渡しすることが多いようですね(^^)

プチギフトの相場は200円~500円のようですが300円ぐらいでご用意する方がけっこう多いみたいです。

ラッピングのかわいさで決めるか、味で決めるか・・・
予算の中でどのようなものを選ぶか、迷ってしまいますね。

なかなかぴったりのものが見つからないなぁ。。

そんなときには、お気に入りのお菓子を購入し、自分でラッピングしてみてはいかがでしょうか?

自分がお気に入りのお菓子を選べば、味は間違いなし!
ラッピングの手間はかかりますが、心のこもったプレゼントになりますよ♪

かくいう私も、先日友人の結婚式でラスクをプチギフトを使ってもらう機会があり、プチギフト作りのお手伝いをしました!

当初、ラッピング袋にラスクを入れるだけの予定でしたが、ちょっとお花とかつけたらかわいいんじゃない?という話になり・・・

でも、ゲストが100名以上いらっしゃったので、100個以上買うとなると、けっこうお金がかかるよね・・・という話になり

手作りのお花をつけてみました!

このお花、けっこう簡単に、そして低コストで作ることができますよ♪

お花を作るのに用意するのは たった3つ!!

【用意するもの】
・お花紙
・ビニタイ
・はさみ

「お花紙って・・・?」と思われた方

学生時代の文化祭などで、教室や看板を飾るお花を作った覚えはありませんか?

そう!これを作る紙です!
お花紙とビニタイは100円ショップでも購入できますよ!

【作り方】

① お花紙を、作りたいサイズにカットする。

 

ラスクが2袋ぐらい入る160×220mmのラッピング袋に入れる場合、

A4サイズのお花紙を、4等分ぐらいにするとちょうどよかったです。

 

② 3~4枚ぐらい重ねて、じゃばら折りにする。


枚数が多ければ多いほどボリュームが出ますが、多すぎると作りにくいです。

③ 両側の端をを丸く切る。

 

④ ビニタイで真ん中を巻いて留める。

 

 

⑤ 両側を広げる。

 

⑥ 上から、紙を1枚1枚立たせて広げる。

文化祭のお花を作るときの要領です。

 

⑦ 形を整えれば完成です!

横から見るとこんな感じです。

 

お花紙の 端の切り方を変えると、花の形が変わりますよ♪


少しとんがった形にすると、雰囲気が変わりますよね

 

お花紙を重ねた枚数ですが、左側が7枚、右側が4枚です。
枚数を重ねるほど、ボリュームが出ます。

ビニタイがついているのでそのままラッピングに使えますよ!

袋とラスクを用意して

ラスクを袋に入れたら、上の部分をじゃばら折りにしてお花でとめて

完成です♪

ゲスト方が多ければ多いほど作るのは大変ですが、かわいらしいプレゼントができますよ!

結婚式のプチギフトだけでなく、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです!

ぜひお試しください!