~シベールのはなし~「シベール」の名前ってどんな意味?

みなさま「シベール」の意味ってご存知ですか??

今回は「シベール」という店名の由来についてのお話です・・・

「シベール (cybele)」という言葉は、ギリシャ神話に登場する大地の女神で、ジュピター、ネプチューンの母です。

古代ギリシャから古代ローマで信仰されていた「キュベレー (kybele)」という女神の名前が元になっているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな意味のある「シベール」
なぜ社名になったのか、それには別の理由があります…

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
フト顔を見上げてみると友人からもらった、映画“シベールの日曜日”のポスターパネルが貼ってある。
23才のころ、確か新潟の映画館で見て、「いつか自分の店を持ったら、店名はシベールにするんだ」と言い聞かせたことを思い出す。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これはシベールの創業者、熊谷眞一のエッセイの文章です。

「シベール」という名前は、『シベールの日曜日』という映画からもらいました。

劇中で、主人公のフランソワーズが、本当の名前は「シベール」だと名乗りますが、
最後はその名前を捨てるシーンで唐突に終わります。

映画をみた若かりし頃の熊谷は、その捨てられた「シベール」という名前を拾わずにはいられず
「いつか自分の店をもったら、その名前をつけよう」とすぐ心に決めたそうです。

「シベール」の名前にはこんなひみつがあったようです。