グラスにラスクを入れて、雪を見ながらPicnic at home

 森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。  大好きなことはなんですか?ときかれたら、きっと「ピクニック」と答えるくらいのピクニック好きで […]

蜜ろうのキャンドルを添えてラスクでおもてなし

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 12月の里山に、遠い故郷を離れ山形で勉強している学生さんや留学生が訪ねて来ます。夕方の5時過ぎ、 […]

師走のあわただしさを片隅において、ごまラスクで一服

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 冬至を過ぎ、光の時間が、少しずつ長くなってきました。クリスマスの頃とちょうど重なる冬至は暗闇が最 […]

外の雪を眺めながら、スノークリスタルクッキーとラスク

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 北国の多くの家は玄関が二重になっていて、家と外の間に風除室と呼ばれる小さな空間があります。コンビ […]

ティータイム、楽園の食器にラスクをならべて

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 冬至に向かう頃、お日様のあたる時間がぐっと短くなることを感じます。山々に早々と隠れて行く夕陽、沈 […]

クリスマスのお菓子エーブルスキワ

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 二十四節気の暦が小雪へと近づく頃、窓の外を眺めていると雪のような白いものが舞っていました。外に出 […]

山形からデンマークに思いを馳せて

森に囲まれた里山ソムリエな日々。 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 小春日和が続いた後、とつぜん嵐のような風が吹き、木々にしっかりとつかまっていた葉っぱたちは、ま […]

晩秋の季節の挨拶が里山に!

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 いつになく山の粧いが美しい今年の山形。朝起きて外にでると、クリスピーな冷たい空気に、ほっぺが固く […]