果物の女王の華麗なる歴史

初めて食べた時のことはよく覚えている。自宅の敷地にあった一本の木。秋が深まるにつれ、その実はどんどん大きくなるが、さくらんぼやりんごのようには赤くならない。 形もひょうたんのようなずんぐりとしたもの。しかし食べてみるとと […]