師走のあわただしさを片隅において、ごまラスクで一服

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 冬至を過ぎ、光の時間が、少しずつ長くなってきました。クリスマスの頃とちょうど重なる冬至は暗闇が最 […]