蜜ろうのキャンドルを添えてラスクでおもてなし

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 12月の里山に、遠い故郷を離れ山形で勉強している学生さんや留学生が訪ねて来ます。夕方の5時過ぎ、 […]

師走のあわただしさを片隅において、ごまラスクで一服

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 冬至を過ぎ、光の時間が、少しずつ長くなってきました。クリスマスの頃とちょうど重なる冬至は暗闇が最 […]

外の雪を眺めながら、スノークリスタルクッキーとラスク

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 北国の多くの家は玄関が二重になっていて、家と外の間に風除室と呼ばれる小さな空間があります。コンビ […]

クリスマスのお菓子エーブルスキワ

森に囲まれた里山ソムリエな日々 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 二十四節気の暦が小雪へと近づく頃、窓の外を眺めていると雪のような白いものが舞っていました。外に出 […]

山形からデンマークに思いを馳せて

森に囲まれた里山ソムリエな日々。 里山でラスクを頂きながらあんなこと、こんなことおしゃべりする、そんな時間が届きますように。 小春日和が続いた後、とつぜん嵐のような風が吹き、木々にしっかりとつかまっていた葉っぱたちは、ま […]